Microsoft広告(マイクロソフト広告)とは?特徴やメリット、広告の始め方を解説

インターネット広告

Microsoftと言えば、OS(オペレーティングシステム)のWindowsシリーズや、Word、Excelなどのオフィスソフト(Microsoft 365)が有名です。仕事でMicrosoftの製品を1度でも利用したことのある、という方は多いのではないでしょうか。そのMicrosoftが手掛けるMicrosoft広告(マイクロソフト広告)は、検索広告やディスプレイ広告の機能を備え、Google広告、Yahoo広告に次ぐ新たな広告媒体として注目を集めています。

この記事では、Microsoft広告は他の広告サービスとどんな違いがあるのか、特徴やメリット、Google広告のアカウントからデータをインポートする具体的な手順について詳しく解説します。

Microsoft広告とは

Microsoft広告は、Microsoft社が提供する広告配信のプラットフォームです。日本では、2022年5月からサービス提供が開始されました。Google広告やYahoo広告と比較して後発のMicrosoft広告ですが、先行してサービス開始している海外では、2021年度の広告収入が100億ドル(日本円にして1.26兆)の規模に成長しており、日本国内でも高い関心が寄せられています。

Microsoft広告の配信面

Microsoft広告は大きく分けて検索広告とオーディエンス広告(ネイティブ広告・ディスプレイ広告)の2つがあります。

マイクロソフト広告の掲載面

検索広告は、Microsoft社独自の検索エンジン「bing」の検索結果に表示されます。オーディエンス広告は、Microsoft社のポータルサイト「MSN」や、ブラウザ「Microsoft Edge」のスタート画面、無料アカウントのOutlookに広告が表示されます。2022年7月には、Microsoft広告とNetflixが提携した広告付きの低価格プランを提供すると発表されました。海外では提携サイトへも広告を展開しており、今後は日本でも優良な提携サイトを増やしていく方針です。

Microsoft広告の種類

Microsoft広告には、日本未提供のものも含めて下記の広告メニューがあります。

  • レスポンシブ検索広告
  • 動的検索広告
  • Microsoft オーディエンス広告
  • ショッピング広告
  • バーティカル広告(一部業種のみ)

※以下日本未展開

  • マルチメディア広告
  • アプリ インストール広告
  • bing スマート検索での Microsoft広告

このうちショッピング広告はbingの検索結果に表示されるもので、他の広告媒体では扱っていない、Microsoft広告のみ出稿可能な広告枠です。バーティカル広告はMicrosoft独自の広告メニューで、登録されたデータフィードを元に、業種に特化した専門性の高い広告を動的に生成し、表示させることができます。

この他、広告メニューを跨いで広告配信ができるPerformance Max キャンペーンを作成することもできます。

Microsoft広告のメリット

Microsoft広告には、長年OSやアプリケーションを提供してきたMicrosoft社だからこそ出せる強みがあります。Microsoft広告のメリットについて、特に以下の4つを挙げて詳しく解説します。

  • Microsoft社が持つファーストパーティデータを活用したターゲティングができる
  • 購買力の高いビジネスパーソンへアプローチできる
  • Windows標準のブラウザ「Microsoft Edge」へ広告を配信できる
  • 他の広告媒体から配信設定をインポートできる

Microsoft社が持つファーストパーティデータを活用したターゲティングができる

Microsoft広告では、日本でも圧倒的なシェアを誇るWindowsや、Microsoft365利用者のユーザー属性や行動履歴を利用できます。これらのデータはMicrosoft社の製品を購入したユーザーが保有するファーストパーティーデータです。

広告配信では、これまで主にサードパーティーデータが利用されてきましたが、近年は個人情報保護の観点から利用が制限され、ユーザーの行動履歴を取得しづらくなっています。Microsoft広告は、サードパーティーデータに依存せず広告を配信できる強みがあります。

また、Microsoft社が傘下に持つ、ビジネス特化型のSNS「LinkedIn」のファーストパーティーデータも利用できます。LinkedInは多くのユーザーが実名で利用しているため、Microsoft製品利用者と合わせて精度の高いターゲティングが行えます。

購買力の高いビジネスパーソンへアプローチできる

Microsoft広告のオーディエンスは、他の広告媒体と比較して16〜24歳の若いユーザー層と、45歳以上の購買力のあるユーザー層が多いのが特徴です。特に購買力のある45歳以上は企業内でも決裁権を持つ人が多く、BtoB商材に向いています。

近年、コロナ禍で在宅勤務をする人が増え、仕事とプライベートを明確に区別しないライフスタイルが普及しつつあります。Microsoft社とフォレスター社が行ったアンケート調査によると、回答者の61%「勤務時間中に商品やサービスを定期的に検索・購入している」と答えました。こうした人々は「ワークデイコンシューマー(Workday Consumer)」と呼ばれ、新しい消費者層として注目されています。

ワークデイコンシューマーは仕事用のツールでプライベートな用事を済ますことも多く、興味のある製品やサービスを見つけると、勤務時間中でも購入につながりやすくなります。

Windows標準のブラウザ「Microsoft Edge」へ広告配信できる

2023年5月現在、日本国内のPCブラウザ利用率はChromeが62.7%、Edgeが20.6%です。日本では職場でのWindows普及率が高く、Windowsの標準ブラウザであるEdgeの利用者もかなりの数に上ります。

2023年5月のPCブラウザ利用率は、Chromeが62.7%、Edgeが20.6%
2023年5月のPCブラウザ日本国内利用率(引用元: StatCounter Global Stats

また、日本国内の検索エンジンの利用率も、PCだけで見るとbingは16%の高いシェアを持っています。先述のワークデイコンシューマーは仕事用のパソコンで検索や買い物をすることが多く、Microsoft広告と親和性が高いと言えます。

2023年5月の、日本国内の検索エンジンの利用率は、Googleが72%、bingが16%
2023年5月の検索エンジン日本国内利用率(PCのみ、引用元: StatCounter Global Stats

他の広告媒体から配信設定をインポートできる

Google広告やFacebook広告で既に広告を配信している場合、Microsoft広告のインポート機能を使えば数クリックで配信データをインポートできます。Google広告は検索広告やショッピング広告の他、P-MAXキャンペーンをインポートすることも可能です。

インポート機能を使えば細かい配信設定を省略できるため、掲載開始までのハードルが低く、他の媒体と併用して利用しやすいのがメリットです。

Microsoft広告の始め方

ここでは特に、Google広告からキャンペーン情報をインポートする手順をお伝えします。事前にMicrosoft広告のアカウントを作成してください。

Google広告からキャンペーン情報をインポートする

Microsoft広告の管理画面を開き、「インポート」→「Google広告からインポート」を選択します。

マイクロソフト広告のインポート機能を使用する

サインインを求められるので、Google広告と紐づけられたGoogleアカウントでサインインしてください。インポートしたいGoogle広告のアカウントを一つ選びます。

インポートするアカウントを選択する

インポートの準備が完了した旨が表示されますが、「インポート開始」をクリックせず、「詳細なインポート」をクリックしてください。

インポート準備が完了してもインポート開始しないで、詳細設定の画面を開く

次の画面で、インポートするキャンペーンを選択できます。インポートしたい一部のキャンペーン・広告グループにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。インポートする為の細かい設定が出来るので、必要に応じて設定します。画面をスクロールすると「その他のオプション」が表示されますので、クリックして開いてください。

インポート設定の詳細画面で、その他のオプションを開く

「キャンペーンオプション」→「新しくインポートされたキャンペーンを一時停止する」にチェックを入れてください。インポート元のキャンペーンが現在配信中の場合、そのまま設定をインポートするとMicrosoft広告も設定完了後に広告配信が始まってしまいます。配信開始をコントロールしたい場合はこの項目を忘れずチェックしましょう。

新しくインポートされたキャンペーンを一時停止にする、にチェックを入れる

次の画面では、インポートする日時を設定できます。Google広告から定期的にデータを反映させることもできますが、Microsoft広告とは細かい設定が違うので、あまりお勧めしません。最初の1回のみインポート機能を利用し、その後は配信実績を見ながらMicrosoft広告に合った調整を行うことをお勧めします。

配信データののインポートを実施するスケジュールを設定する

Microsoft広告には広告エディタがある

Microsoft広告には、Google広告やYahoo広告と同様に広告エディタがあります。Google広告エディタとよく似た画面構成と操作性なので、Google広告エディタを使った事のある方には使いやすいツールです。

Microsoft広告エディタダウンロードサイト

広告エディタの画面
広告エディタの画面

まとめ

ここまで、Microsoft広告の特徴や種類、メリットについてご紹介しました。日本ではまだスタートしたばかりのMicrosoft広告ですが、豊富なデータ量と多彩な広告メニューで、Google広告やYahoo!広告とは違う消費者へのアプローチが可能になります。この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

WEB広告媒体徹底比較ガイドを無料でダウンロード

右のフォームにご入力頂いたメールアドレスへ、ダウンロードページをご案内いたします。

この資料の内容
◆WEB広告の種類・媒体の選び方
・WEB広告の種類を把握する
・WEB広告媒体(メディア)の選び方

◆WEB広告早見表
・費用の安さ、使い勝手の良さを相対評価
・商材との相性 など
Google/Yahoo!/YouTube/Microsoft/Smartnews/Facebook/Instagram/X(旧Twitter)/TikTok/LINE/Amazon/Pinterest/Logicad/Apple/Criteo

筆者紹介 muro

marketingX立ち上げ当初から関わり、運用型広告を中心に幅広い情報を発信しています。
Webマーケティング初心者でも分かりやすい・読みやすい記事の制作を心がけています。

関連記事一覧