【初歩のインターネット広告】インターネット広告の種類を知ろう

インターネット広告

インターネット広告にはどんな種類があるの?

online_advertising1

 

インターネット広告とは、パソコン、スマートフォン、タブレットなどの端末を使ってインターネット上のWEBサイトを閲覧したりアプリを使用したりする際に表示される広告のことを指します。

インターネット広告は、新聞の広告やテレビCMなどの「マス広告」と呼ばれるものに比べて低コストで、ターゲットを絞った配信が可能なものがほとんどです。そのため、近年では、これまでの主流だった「マス広告」よりもインターネット広告に広告費を割く企業が増加し、右肩上がりで成長を遂げる大きな市場へと成長を遂げています。

今後もさらに市場規模を拡大していくインターネット広告について、まずはどのような種類があるかを学んでおきましょう。それぞれの広告の内容をしっかり把握することで、用途にあった活用法が見えてくるはずです。

主なインターネット広告の種類とその概要を学ぼう

リスティング広告

リスティング広告とは、「Google」「Yahoo!」といった検索エンジンで検索を行った際、検索結果に連動して表示される広告のことで、「検索連動型広告」とも呼ばれます。

「自動車」とキーワードで検索を行ったユーザーに対し、検索結果とともに自動車関連のテキスト広告を表示する、というイメージです。自社の商品と関連するキーワードを広告に結びつけておけば、そのキーワードに興味を持つユーザーに対して広告を表示することができるため、ターゲットを厳選して広告へと誘導することができます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、情報サイト、ニュースサイトなどのページ上の決まった枠に表示される広告のことで、「バナー広告」とも呼ばれます。最近では、スマートフォンなどで使用されるアプリの画面上にディスプレイ広告が表示されるような場合もあります。

閲覧数の大きいサイトや利用者数の多いアプリ画面上にディスプレイ広告を表示させることで、多くのユーザーに対して視覚的なインパクトを与えることが可能です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、インターネットユーザーが運営するブログや情報サイトなどに広告を掲示してもらい、広告主が設定する条件(商品紹介ページへの誘導や商品の購入など)を達成した場合にその報酬を支払うもので、「成功報酬型広告」とも呼ばれます。

アフィリエイト広告を掲出して報酬を得るユーザーは一般に「アフィリエイター」と呼ばれ、アフィリエイターと広告主の仲介を行う「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」というサービスがあります。

SNS広告

SNS広告とは、「Twitter」「Facebook」などの「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」を介して配信される広告のことです。

SNS広告の中には、前述のディスプレイ広告もあれば、各投稿との間に挟まる形で表示される「インフィード広告」、投稿という形で広告を表示する「ネイティブ広告」もあり、多様化が進んでいます。

動画広告

動画広告とは、文字通り動画を使った広告のことです。たとえば「YouTube」で動画を閲覧した際、再生前や途中に挿入される動画形式の広告などが分かりやすい例です。

他にも情報サイト上に表示される動画広告、SNS上に表示される動画広告などもあり、今後の発展が見込まれる分野です。

タイアップ広告

タイアップ広告とは、広告主がWEBサイトやブログなどのメディアと提携してPR記事を作成して配信する広告のことで、「記事広告」とも呼ばれます。

タイアップを依頼するメディアにひもづくユーザーに対し、信頼性を保った上で広告を表示することができます。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、特定のWEBサイトを訪問したユーザーに向けて、提携サイトの広告枠に広告を表示させる手法です。不動産情報サイトを閲覧したユーザーが別の提携サイトを閲覧した際、そのサイトの広告枠に不動産関連の広告を表示する、といった使用イメージです。特定のテーマに興味を持つユーザーのその後の行動を追いかけて表示することができます。

近年では、ただ単に特定のサイトを訪問したというきっかけだけでなく、ショッピングサイトで特定の商品をチェックしたことなどを起点にリターゲティング広告を配信することなども可能になり、こういった広告手法を広く「行動ターゲティング広告」と呼びます。

広告の種類をしっかり把握し、メリット・デメリットを見極めよう

online_advertising2

 

以上、今回は色々なインターネット広告の種類の中から特に重要と思われるものを紹介しました。インターネット広告にはその他様々な種類があり、またその種類の中でも細かなジャンルが存在する場合がほとんどです。

それらの広告の多くは、インターネットそのものやコンピューター分野における技術の進化によって日々効率化が進められており、これからも次々に新しい広告が生まれていくものと思われます。

それぞれの広告の種類やメリット、デメリットを正確に把握するとともに、インターネット広告の潮流についても広くアンテナを伸ばして知っておくことが必要ですね!

関連記事一覧