Facebookの広告ライブラリとは?使い方や活用方法について

インターネット広告

Facebookの広告ライブラリは、FacebookなどMeta社の広告クリエイティブを検索・閲覧できるツールです。どなたでも使用できる無料のツールですので、広告クリエイティブ制作時の参考として活用するのがおすすめです。本記事ではFacebook広告ライブラリの特徴や使い方、賢い活用方法について解説しますので、ぜひ利用時の参考にしてください。

Facebookの広告ライブラリとは?

FB_Ad-Library_bookchest

Facebookの広告ライブラリとは、Meta社で出稿管理されている広告のさまざまな情報が閲覧できる検索ツールです。

広告の透明性を高める目的で導入がスタートし、出稿中のほぼすべての広告を検索できるのが特徴です。

無料で誰でも検索することができ、一部の情報を除けばFacebookアカウントを持っていない場合でも利用できます。

Facebookの広告ライブラリで閲覧可能な情報

FB_Ad-Library_men

Facebookの広告ライブラリではFacebookやInstagramの広告など、Meta社のサービスやアプリで出稿中のすべての広告と関連情報が閲覧できます。

広告が公開されて24時間に掲載が開始されるので、ほぼリアルタイムで情報がチェックできるのが特徴。

基本的には「その時点で出稿中の広告」が対象ですが、社会問題や選挙、政治に関連する広告については、出稿が終了した後(非アクティブ広告)でも閲覧可能です。

一般広告で公開されている情報

一般的な広告については、以下のような情報が公開されています。

・掲載開始日
・掲載プラットフォーム
・ID
・企業や団体名
・FacebookページやInstagramアカウント、それぞれの「いいね!」やフォロワーの数
・クリエイティブ(広告文、広告画像、誘導文など)

広告の詳細ページや広告主の詳細から「広告を見る」をクリックすると、その広告主が出稿している広告のすべてを一覧表示させることも可能です。

社会問題、選挙または政治に関連する広告で公開されている情報

Facebookの広告ライブラリに登録されている広告の中で、「社会問題、選挙または政治に関連する広告」については一般の広告とは異なる扱いとなっています。

通常の広告の場合、出向期間が終了し非アクティブ化すると、広告ライブラリからは検索できなくなります。しかし政治や選挙に関する広告については、非アクティブ後も7年間掲載され続けるルールとなっているのです。

また公開されている情報も一般の広告より項目が多く、詳細なのが特徴です。
・掲載開始日
・掲載プラットフォーム
・ID
・企業や団体名
・FacebookページやInstagramアカウント、それぞれの「いいね!」やフォロワーの数
・クリエイティブ(広告文、広告画像、誘導文など)
・免責情報
・消化金額
・推定オーディエンスサイズ
・インプレッション数
・広告が表示された人(男女)の割合
・この広告が表示された場所

また広告主のページでは、一定期間に消化された広告費の合計なども閲覧可能です。

このように一般向け広告と、社会問題・選挙または政治に関連する広告の情報は、大きく異なります。

これらの違いは政治や選挙関連の広告に対し、より高い透明性をもたせるためだと考えられます。

Facebookの広告ライブラリの使い方や検索方法

Facebookの広告ライブラリは、Facebookアカウントがなくても利用可能です。画像付きで、広告ライブラリでの検索方法について解説していきます。

広告ライブラリにアクセスする

FB_Ad-Library_meta1

まずは広告ライブラリにアクセスしてみましょう。

・広告ライブラリ

設定項目などが少なく直感的に利用できるのが広告ライブラリの特徴です。

検索ワードで自由に検索してみる

FB_Ad-Library_meta2

まずは「広告を検索」のフォームで「広告カテゴリ」の項目を任意の項目に設定します。

広告カテゴリで選択できるのは以下の2種類です。
・すべての広告
・社会問題、選挙または政治関連

広告カテゴリを選択したら、続けてキーワードまたは広告主で絞り込んで検索します。

するとキーワードに関連した企業やジャンルの広告が、検索結果にずらりと表示されます。

FB_Ad-Library_meta3

フィルター機能でより細かく検索

FB_Ad-Library_meta4

検索結果の件数が多い場合や、思うような広告が表示されない場合には、より細かな条件で詳細に検索するとよいでしょう。

先ほどの検索結果ページの右側にある「フィルター」を利用すれば、さまざまな条件で絞り込み検索が行えます。

FB_Ad-Library_meta5

フィルター機能では、以下のような条件で検索結果をフィルタリングできます。

・言語(英語、フランス語、日本語)
・広告主(出稿中の広告主から選択、キーワード検索も可能)
・プラットフォーム(Facebook、Instagram、Audience Network、Messenger)
・メディアタイプ(画像、ミーム、画像とミーム、動画、メディアなし)
・オンラインのステータス(アクティブ・非アクティブ、アクティブな広告、アクティブでない広告)
・日付別インプレッション(開始日と終了日で絞り込みが可能)

複数の条件を組み合わせて絞り込むことも可能ですので、いろいろと試してみるとよいでしょう。

Facebookの広告ライブラリの活用方法

FB_Ad-Library_human

広告ライブラリにはさまざまな活用法があります。とくにMeta社の広告を出稿している場合には、多くの点で参考にできるものがあるでしょう。

広告ライブラリではさまざまな業種やジャンルの広告が閲覧できるため、競合他社のリサーチに活用できます。広告文や画像などのクリエイティブはもちろん、広告のリンク先とクリエイティブのマッチ度、出稿期間やパターンなども非常に参考になるでしょう。

とくにクリエイティブ作成においては、画像や動画などのメディアタイプの違いなどを知ることができます。また複数の広告を出稿している広告主をチェックすることによって、どのような広告をどの時期に出稿しているのか参考にすることもできるのです。

Facebookの広告ライブラリでは、さまざまな条件で広告を検索できます。競合先はもちろん、異なる業種やジャンルでどのような広告を出稿しているのか参考にできるのも、大きな活用ポイントとなるでしょう。

Facebookの広告ライブラリの注意点

広告ライブラリは、誰でも無料で利用できる検索ツールです。しかし利用の際に知っておくべき注意点がいくつかあります。

配信が終了した広告は閲覧できない

広告ライブラリで検索・閲覧できるのは、その時点で公開されている広告が対象です。政治や社会問題に関する広告は非アクティブの状態でも情報が閲覧できますが、一般的な広告については広告の出稿が終了するとともに表示されなくなってしまいます。

参考にしていた競合他社の広告も掲載が終わってしまうと広告ライブラリから消えてしまいますので、気になる広告がある場合には手元に情報を控えておくことが大切です。

年齢制限のある広告は成人アカウントによるログインが必要

広告ライブラリは、特別な登録を行うことなく誰でも検索や閲覧が可能なツールです。ただし成人向け広告や年齢制限の必要な広告など、一部の広告は表示が制限されています。

すべての広告を閲覧したい場合は、成人アカウントでFacebookにログインした状態で広告ライブラリを利用しましょう。

Facebookの広告ライブラリをクリエイティブ制作に生かそう

Facebookの広告ライブラリは、競合他社の広告クリエイティブが閲覧できる広告作成時に有効活用できるツールです。無料で誰でも利用できるため、まずは気軽な気持ちで検索してみることをおすすめします。

NTTレゾナント株式会社および株式会社クロスリスティングでは、FecebookやInstagramなどMeta社の広告運用や広告戦略の支援を行っています。

Facebook・Instagram広告の特徴や勝ちパターンについて解説した資料もご用意しておりますので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

最新版!Facebook・Instagramの特徴と広告の勝ちパターン 表紙画像

資料を今すぐ無料ダウンロード!
最新版!Facebook・Instagramの特徴と広告の勝ちパターン

アクティブユーザーが多く、ターゲットにリーチしやすいFacebook。クリエイティブの質がカギとなるInstagram。それぞれの特徴を分かりやすく解説し、広告配信の「勝ちパターン」をご説明します。

  • 各広告の広告の特徴・メリット
  • ターゲティング方法
  • 課金方式・費用
  • 主なフォーマットとベストプラクティス

関連記事一覧