教えて!gooオーディエンスターゲティングの活用方法

株式会社グラッドキューブ×NTTレゾナント株式会社対談

  • HOME
  • インタビュー|グラッドキューブ様

写真 株式会社グラッドキューブ様

教えて!gooオーディエンスターゲティング 活用事例インタビュー

株式会社グラッドキューブ様

日本最大級のQ&Aコミュニティーサイト「教えて!goo」の広告展開のひとつ、オーディエンスターゲティングは、「教えて!goo」の閲覧履歴(≒ユーザーインサイト)をベースとしたものです。AIによるセグメント作成とディスプレイネットワークをはじめ、複数の配信プラットフォームの最適な運用により、広告配信の効率化を実現しています。

NTTレゾナント株式会社がサービスを提供する「教えて!goo」のオーディエンスターゲティングに協働で取り組むのが、デジタルマーケティング事業を展開する広告代理店の株式会社グラッドキューブ様です。ここでは、「教えて!gooオーディエンスターゲティング」がどのような企業に求められ、どのように活用されているのかを、NTTレゾナント株式会社の岡田が、株式会社グラッドキューブのお二人に伺いました。

■話し手
株式会社グラッドキューブ
プロモーション統括本部 マーケティングソリューション事業部 マネージャー
廣石 高幸 様

カスタマーサクセス部門に所属。「教えて!gooオーディエンスターゲティング」をはじめ、クライアントの課題解決に最適な広告媒体を提案。

株式会社グラッドキューブ
プロモーション統括本部 マーケティングソリューション事業部 リーダー
井上 実里 様

カスタマーサクセスとセールスに従事。クライアントのニーズに合わせて、「教えて!gooオーディエンスターゲティング」などの広告媒体を提案。

■聞き手
NTTレゾナント株式会社
デジタルマーケティング事業部
岡田 正則

自社が運営するQ&Aコミュニティーサイト「教えて!goo」に蓄積されたデータを活用し、分析を通じたソリューション型営業に従事。

ユーザーの興味・関心や悩みを基盤とした広告展開

「教えて!gooオーディエンスターゲティング」の印象

──「教えて!gooオーディエンスターゲティング」を取り扱いいただくようになって2年程経ちますが、取り扱い始めた当初、広告メニューとしてはどういう印象でしたか?

井上様:ここ数年、美容系や医療系をはじめ、コンプレックス商材に関する広告のお問い合わせをいただく機会が増え、GoogleやFacebookなどの主要な媒体以外に、グラッドキューブだからこそ提案できる媒体はないだろうかと考えていたところでお話をいただきました。
ユーザーの深い悩みに対してアプローチできる「教えて!gooオーディエンスターゲティング」は、コンプレックス解消につながる商品やサービスにも最適です。自信を持ってクライアント様にご提案でき、当社のバリューにもつながっていると感じています。

廣石「教えて!goo」は、月間のUB(ユニークブラウザ)数3,000万以上という、国内最大級のQ&Aコミュニティーサイトです。サイト訪問者のデータを活用して、ユーザーの興味・関心や悩みを基盤とした広告展開ができるのが大きな強みだと感じています。
広告を取り扱うにあたり、「教えて!goo」という媒体をしっかりとお客様に伝えるために、弊社での理解が必要だと思いました。NTTレゾナントさんには、弊社の営業スタッフ向けの社内勉強会を開催していただいたことや、共催ウェビナーの実施を通して、当初から非常にご協力いただきました。おかげで社内でも、「教えて!gooオーディエンスターゲティング」のメリットや効果に対する理解が深まり、事業部全体としてクライアント様に対して、最適なプランニングを提案できるようになりました。ここまで親身に相談にのっていただける媒体は非常に少ないので、とてもありがたかったです。

「かゆいところに手が届く」ユーザー分析

「教えて!gooオーディエンスターゲティング」で目指す課題解決

gladcube_02

── 実際にクライアント様とは、どのようなお話をされていますか?

井上様「教えて!goo」は、Yahoo!やGoogleからの検索流入が9割以上です。今知りたいことを検索した人が、「教えて!goo」のQ&Aページに到達しているということですよね。ですから、ユーザーの抱える課題や疑問、悩みを把握した上で、精度の高いターゲティング広告の配信ができることをお伝えするようにしています。

廣石インサイト分析のニーズも高いですね。クライアント様のWebサイトにタグを設置することで、サイト訪問者から過去に「教えて!goo」を閲覧したユーザーを抽出できます。そのデータを分析して、ユーザーの行動の背景にあるインサイトを把握できるのですが、そこはニーズがあるなと感じています。

── ユーザープロファイルの可視化には、クロスリスティング独自の分析ツール「MindPick」を活用していただいていますね。

廣石そうですね。まず、クライアント様のWebサイトの訪問者の傾向とインサイトを把握することで、クライアント様の課題解決に直結する媒体提案につながります。

実はそれまで、Googleディスプレイ広告やYahoo!のディスプレイ広告ではカテゴリーが選択できないなど、「かゆいところに手が届かない」というケースがあったんです。「教えて!goo」のデータを活用した広告配信では、そのような問題を解消できる点でも非常に好評です。

教えて!gooオーディエンスターゲティングイメージ図

悩みを抱えるユーザーをターゲティングできる

「教えて!gooオーディエンスターゲティング」にマッチする企業

gladcube_03
インタビューに応じてくださった廣石 高幸さん(右)、井上 実里さん(左)

──「教えて!gooオーディエンスターゲティング」はどのような企業様に向いている広告展開だと感じていますか?

廣石様:どのような業種にも悩みを解消する商品やサービスがあると思いますので、業種は問わず、ご利用いただける広告だと思っています。ただ、その中でもおすすめしやすいのは、BtoC向けの商材を扱う企業様ですね。

「教えて!goo」は、身近な人には相談しにくい悩みや疑問を抱える方が閲覧していると思うんです。例えば、美容や医療分野のほか、お金や法律に関すること、子供の教育などもQ&Aの投稿があります。ですから、何らかの悩み解消につながる商品やサービスを持つ企業様は特にマッチしますし、一般消費財を扱う企業様にも向いていると思いますね。

井上様実際に悩みを抱えるユーザーをターゲティングできるのは、「教えて!goo」ならではですね。クライアント様にも、そういう視点からご提案することが多いです。

廣石「今すぐ解決したい」という相談から検討期間の長い悩みまで、どちらにも対応できるのも利点だと思います。

実際の導入事例

── 具体的に企業様にどのように活用いただいているのか、事例を教えてもらえますか?

廣石以前、光回線のプロバイダ様に導入していただいたのですが、そのときは一般的なアプローチ先である光回線検討層のほかに、「教えて!goo」のデータを活用し、大きく2つのカテゴリーでターゲットを可視化しました。ひとつは、リモートワークの増加に伴い、在宅勤務時にスムーズなインターネット接続を必要とする方々。もうひとつは、時期が2月から3月だったこともあり、引越しや結婚といった新生活を控えている方々です。光回線に直接興味関心があるユーザーはもちろん、今後見込み客になるであろう層に対しても、確度の高いアプローチができました。

── 配信後の結果はどうでしたか?

廣石各カテゴリーのユーザーに対して、それぞれバナーや動画で広告配信を行いました。配信後は、弊社独自のサイト解析ツール「SiTest(サイテスト)」も用いて、様々なデータを詳細に分析。データの推移に基づいてこまめにミーティングを重ねながら、運用調整をしていきました。結果として、CVやCVRが上がり、クライアント様にもご満足いただけた事例となりました。

これまでとは違った視点でターゲティングしたい企業に興味を持ってもらえる

「教えて!gooオーディエンスターゲティング」が選ばれる理由

gladcube_04

── 企業様からは導入理由として、どのような声が上がっていますか?

廣石細かいターゲティングができることと、新規のユーザーを取り込めること、この2点を特に魅力に感じていただいています。リスティング広告だけではカバーしきれない顕在層に対してもプロモーションをしたいというクライアント様からも、とても反応がいいですね。

井上様実感としては、「Google、Yahoo!、ソーシャルメディア広告はだいたいやりつくした」「これまでとは違った視点でターゲティングしていきたい」というクライアント様に、興味を持っていただきやすい媒体ですね。

廣石やはり、NTTレゾナントさんの蓄積したユーザーデータである「1stパーティデータ」は、非常に有効です。そのデータをいかに活用するかというのが、プロモーションをプランニングする上で、私たちに求められる役割だと考えています。

クライアント様の課題解決のため、積極的に伝えていきたい

今後の展望

── 今後は、「教えて!goo」によって蓄積されたデータを代理店様向けにわかりやすく可視化するツールなども検討していきたいと考えています。お二人からも、今後の展望を教えていただけますか?

廣石私たちが最も重視するのは、クライアント様の悩みや課題に対して、いかに的確な解決策をご提供できるかです。広告代理店として、様々な媒体を取り扱う中でも、「教えて!gooオーディエンスターゲティング」だからこそ実現できる広告配信を、引き続きご提案していきたいと考えています。

井上様新しいプロモーション手段のひとつとして、「教えて!gooオーディエンスターゲティング」をもっと広めていきたいですね。クライアント様の課題解決のために、こんな魅力的なサービスがあるということを積極的に伝えていきたいです。良ければ、私たちが「教えて!goo」を紹介しているYouTubeチャンネルもご覧ください!

GladCube様のYouTubeチャンネル
「GladCube TV【Webマーケティング】がもっと楽しくなるチャンネル」

<サービス紹介>
「教えて!goo」は、疑問や悩みを持っている人と経験や知識を持っている人を結びつけるQ&Aコミュニティーサービスです。月間UB(ユニークブラウザ)数は3,000万以上。興味関心・悩みデータを活用した分析・Webプロモーションで潜在顧客の獲得へとつなげます。

NTTレゾナント株式会社および株式会社クロスリスティングでは、様々な業種業態でのデジタルマーケティング施策の支援を行っています。「教えて!goo」の利用データを活かし、効果の高いターゲティングでのWeb広告を展開することが可能です。「教えて!goo」を活用した分析やWebプロモーションの資料をご用意しております。無料相談も行っておりますので、デジタルマーケティングにお困りの際はお気軽にご相談ください。

《一覧に戻る