【2022年最新比較】おすすめSEOツール4選を徹底解説!

ウェブマーケティング

Webサイトを運営する上で、SEO対策は必要不可欠です。
しかし、細かくSEO対策を行っていると、どうしても人的稼働が掛かってしまいますよね。

SEOツールを使えば効率良くSEO対策を行うことが可能です。
一概にSEOツールといっても種類がいくつもあり、使用用途が異なります。

今回はSEOツールの基礎知識から導入メリット、選ぶポイント、おすすめのSEOツールについて詳しく解説しましたので、効率良くSEO対策を行いたいと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

SEOツールとは

recommended_seo_tools_what_is_seo_tool

SEOツールとは、自社サイトを検索結果の上位に表示させる際に役立つ支援ツールのことです。
SEO対策では、キーワード選定、内部診断など、いくつか種類がありますが、SEOツールにおいてもそれぞれに特化したツールや全ての機能を統合したものなど、様々な種類が存在します。

SEOツールの種類

recommended_seo_tools_type

SEOツールの種類は、代表的なものとして「キーワード選定」「順位チェック」「内部診断」の3つが挙げられます。

キーワード選定ツール

まずは、記事作成において欠かせないのがキーワード選定ツールです。
新規記事を作成する際、どのキーワードの検索結果で上位表示を狙うか決める必要があります。

しかし、キーワードによっては、検索されないキーワードが存在しており、適当にキーワードを決定してしまうと、思ったより効果が見込めない可能性があります。

また、キーワードによっては、競合サイトが強い可能性があり、よく検索されるキーワードを選んだとしても上位表示を狙うのが難しい場合もあります。
多く検索されるキーワードだから良いというわけではなく、競合サイトも加味したキーワード選定が必要となります。

そこで役立つのがキーワード選定ツールです。
特定のキーワードの月間検索ボリュームやSEO難易度、サジェストキーワードといった情報を自動で一覧表示することができ、SEOに狙い目のキーワードを選定する際に便利なツールです。

SEOキーワードの選定方法については、以下の記事でもご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

検索順位チェックツール

こちらは、検索結果の順位をチェックすることができるツールです。
SEOで効果的に検索流入を狙うなら、キーワード選定を行い、新規記事を公開した後、実際に狙ったキーワードで上位表示ができているかチェックする必要があります。

実際にGoogleの検索ボックスに特定のキーワードを入力して、作成した記事が何ページ目にあるのかチェックすることはできますが、一つ一つ調べるのは大変ですよね。

検索順位チェックツールでは、URLとキーワードを入力するだけで、該当の記事が特定のキーワードで何位に表示されているかを瞬時に確認することができます。
こちらのツールは無料のものも多いため、積極的に活用するようにしましょう。

内部診断ツール

内部診断ツールは、自社サイトがGoogleに評価されるためのサイト作りを支援するツールです。

例えば、HTMLタグが正しく記述されているか、コピーコンテンツ扱いになっていないかのチェック、リンク切れを起こしているページがないかなど、サイトの問題を検出することができます。

キーワード選定を行い、新規記事を公開し、検索順位をチェックした際、中々上位表示ができなかったとします。
その場合、リンク切れなどでGoogleに正しく情報が伝えられていないということも原因の一つで、問題点を修正することで改善できる可能性があります。

内部診断ツールでは、クローラビリティ、ユーザビリティ両面に対して、問題点や改善できる箇所がないかをまとめてチェックすることが可能です。
ツールを使用しなくても一つ一つチェックすることは可能ですが、サイトの健康状態を素早く把握したい場合は活用してみると良いでしょう。

SEO内部対策におけるチェック項目については、ホワイトペーパーにまとめていますので、セルフチェックを行いたい場合はぜひ参考にしてみてください。

SEOツールの導入メリット

recommended_seo_tools_merit

SEOツールを導入する主なメリットは「SEO対策の効率化」「競合サイト分析」の2つです。

1.SEO対策の効率化

キーワード選定ツールや順位チェックツール、内部診断ツールを活用することで、SEO対策を効率良く行うことができます。

SEOツールを使用しなくてもSEO対策を行うことは可能ですが、データ収集から分析を手作業で行うのはとても大変です。

まだサイトを立ち上げたばかりであれば、そこまで気にする必要はありませんが、ある程度の規模であるならツールを導入して業務効率化を検討してみても良いでしょう。

2.競合サイト分析

SEOツールによっては、自社サイトの現状だけでなく、競合サイトのアクセス解析やサイト分析を行うことができます。

競合サイトがどのようなキーワードで多くの流入を獲得しているか、どのようなページで検索上位を獲得しているかを分析することで、競合サイトのユーザー属性や人気コンテンツを把握することができます。

その上で、自社サイトに足りていないコンテンツを洗い出し、サイト改善に役立てることもできますし、競合サイトとは異なるユーザーをターゲットとしたサイト運営を行うこともできます。

競合サイトのSEO対策状況を知りたい場合は、競合サイトの分析が行えるツールの導入を検討してみましょう。

SEOツールを選ぶポイント

recommended_seo_tools_point

SEOツールは、SEO対策の効率化に役立つツールですが、いくつか種類があるなか、どのようなポイントでツールを選んだら良いのでしょうか。
SEOツール選びで注目すべきポイントは以下の3点です。

  1. 自社に必要な機能は何か
  2. 価格は予算内か
  3. 使いやすいか

まずは、SEOツールを導入して改善したい作業に役立つ機能があるかどうかをチェックしましょう。

SEOツールには、いくつかの機能を統合しているタイプのツールがありますが、機能が多くあるからと言って目的の機能がなければ導入する意味はありません。

また、機能が多いツールというのは、SEO対策を行う上で便利ではありますが、高機能なものが多ければ多いほど価格も高くなり、全ての機能を使いこなすのも大変です。

例えば、キーワード選定を行う機能だけ必要としているのに、アクセス解析の機能も入ったツールを選んでしまうと、その分価格が割高になってしまいます。

今は必要としていない機能でもこれから使う予定があったり、どうしてもそのツールでなければならない理由があったりするなら別ですが、一つの機能に特化したタイプのツールもあるので、自社サイトで何を改善したいのか確認した上で、SEOツールの導入を検討するようにしましょう。

SEOツール おすすめ4選

recommended_seo_tools_select

SEOツールは100以上もの種類が存在しますが、その中でも今回はSEO対策において欠かせないおすすめのSEOツールを4つご紹介します。

Ubersuggest

recommended_seo_tools_ubersuggest
参考:「Ubersuggest」公式HP

Ubersuggestは、キーワードに関する調査がまとめてできるSEOツールです。
サジェスト機能だけでなく、キーワードごとの月間検索ボリュームや新規参入におけるSEO難易度を調査することができます。

また、特定のキーワードで上位に表示されている競合ページや、FacebookなどSNSで人気のページを表示することができます。

無料トライアルが可能で、有料プランも買い切りタイプがあり、比較的低コストなのがポイントです。
SEO対策におけるキーワード選定で、とても役立つSEOツールです。

ミエルカ

recommended_seo_tools_mieruca
参考:「MIERUCA」公式HP

大手企業や教育機関においても多くの導入実績を誇るSEO支援ツールです。
コンテンツマーケティングやオウンドメディア改善に必要な機能が満遍なく網羅されており、このツール一つでSEO対策やSEOの基礎を学ぶことができます。

デジタルマーケティングのノウハウが学べる動画コンテンツが利用でき、オンラインセミナーやWeb担当者同士が交流する会なども開催されるなど、SEO初心者でもすぐに実践できる知識が身につき使いやすいSEOツールです。

キーワードマップ(Keywordmap)

recommended_seo_tools_keywordmap
参考:「Keywordmap」公式HP

キーワードマップは、世界最大級の日本語データによるSEO調査・分析により、競合分析や市場調査に特化したSEOツールです。
キーワード調査やコンテンツ制作に必要な情報を抽出できるSEO機能も兼ね備えていますが、強みはビッグデータによる競合調査と広告調査になります。

大手広告代理店やSEOコンサルティング事業者などの導入実績もあり、大幅な調査・分析作業の工数削減を実現しています。
競合・広告の調査分析において欠かせないSEOツールといえるでしょう。

Ahrefs(エイチレフス)

recommended_seo_tools_ahrefs
参考:「Ahrefs」公式HP

AhrefsはSEOに役立つ様々な機能が統合されたSEOツールです。
世界最大級のデータ量を保有しており、データ更新頻度が高いため、より最新の情報を調査できるのが強みです。
また、自社サイトだけでなく競合サイトの調査を行うことができるのもポイントです。

他にもキーワード調査、検索結果上位サイトの調査、SNSのトレンド調査など、幅広くSEO分析を行うことができ、コンテンツマーケティング全般に役立つSEOツールといえるでしょう。
Liteプランでも月額10,000円ほど掛かりますが、SEO対策やキーワード調査・競合分析の精度を求めている方は、ぜひ活用してみると良いでしょう。

SEOツール まとめ

今回はSEO対策を効率良く行うために役立つSEOツールについて解説しました。
Webサイトを運営する上では、SEO対策は必要不可欠ではありますが、特に、いかに素早くサイト改善を行うかが重要です。

どうしても手作業で行う場合、自社サイトの問題点の洗い出しや新規コンテンツの作成、競合分析など、一つ一つ対応していては時間が掛かってしまいます。

SEOツールに掛ける費用はできるだけ抑えたいものですが、そのSEO対策における作業時間と比べてどちらがお得なのか、それぞれ比較してSEOツールの導入を検討するのが良いでしょう。

筆者紹介
Web制作会社やブログ運営の経験を経て、現在はwebマーケティングチームに所属。
SEO分析レポートの作成やオウンドメディアの運用など、業務に携わりながらSEOやHTMLについて日々勉強中。

関連記事一覧