Cookieとは?Webマーケターなら知っておくべき基本知識をわかりやすく紹介

アクセス解析

Cookieは、WebマーケティングのWeb広告分野を語る上で欠かせない言葉です。しかし、具体的にどういった役割を果たすものなのか説明できる人は少ないです。

Cookieはリマーケティングに欠かせないものですが、規制が厳しくなってきており、今後の動向からも目が離せません。

Cookieについての理解が曖昧なままだと、Cookieに関連する情報についても理解しにくくなってしまいます。

ここでは、Cookieそのものについてやマーケティングでの利用のされ方、規制について簡単に紹介します。

Cookie(クッキー)とは

what_is_cookie_about

Cookieとは一時的に保存してあるブラウザ上の情報のことです。Cookieはブラウザの機能であり、一時的に保存された情報もブラウザに保存されます。ブラウザとは、Webサイトを閲覧するために必要なツールのことです。代表的なものにGoogleChromeやSafariがあります。

Cookieに保存される情報には、ブラウザを利用しているユーザーが訪問したWebページの種類や使用したパスワードなどがあります。

Webサイトを閲覧していて、以前も訪れた経験のあるページの表示速度が他のページよりも早かったり、パスワード入力を求められるシーンで入力しなくてもいいのは、Cookieの情報が使われているためです。

Cookieは発行者によって2種類存在する

Cookieは、情報の発行者によって2種類に区別されます。

ユーザーが訪問したサイトのサイト運営者が発行しているCookieのことを「ファーストパーティCookie」といい、サイト運営者以外の第三者が発行しているCookieのことを「サードパーティCookie」といいます。

Cookieという名称の由来については諸説ある

ブラウザに保存されるCookieがなぜCookieと呼ばれるようになったのかには諸説あります。

保存食としてのクッキーからきているという説や一定期間で情報が書き換えられることからフォーチューンクッキーを彷彿とさせるためという説などが有名です。

CookieはWebマーケティングでどんな役割を果たすのか

what_is_cookie_role

Cookieは、Webマーケティングにおいて重要な役割を果たす情報です。

ユーザーの情報を一時的に保存してあるとお伝えしましたが、保存される情報には以下のようなものがあるからです。

  • ユーザーがWebページを訪問した日時
  • 購入した商品名
  • ユーザーが使っているブラウザでHPを訪問した回数
  • ユーザーの居住地
    など

これらの情報をWebマーケティングに利用することで、ユーザーの属性に合わせた販促活動を実施できます。例えば、商品ペルソナと同じ趣味・嗜好を持つユーザーに対してWeb広告でのアピールや、ユーザーの居住地や性別に合わせて実店舗への来店を促す販促を行えます。

Cookieの利用はプライバシー保護の観点から規制が進んでいる

ユーザーに寄り添ったマーケティング活動に欠かせないCookieですが、近年はユーザーのプライバシー保護の観点から利用規制が進んでいます。

具体的にはCookieの保存期間や収集方法について大きな制限がかかるようになってきており、サイト運営者以外が収集する「サードパーティCookie」の利用はシャットアウトされつつあるのです。

すでに、ユーザーのWeb訪問履歴や関心ごとから広告を配信するシステムである「リターゲティング広告」の分野では影響が出てきています。

Cookieに代わる情報源の開発が急がれている

サードパーティCookieは、ユーザーが閲覧しているWebサイトを横断して収集した情報であるため、Webマーケティング分野で利用価値が高いものでした。

Cookieの利用規制により、サードパーティCookieの利用ができない未来が来る可能性は非常に高く、ユーザーのプライバシーに配慮したCookieの代替になるものの開発が急がれています。

Cookieの代替手段については、以下の記事でもご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

ユーザーはCookieの利用に同意しないことで不利益を被る場合がある

what_is_cookie_disadvantage

最近は、Webサイト訪問時に「このサイトはCookieを利用します。利用を許可しますか?」のようなポップアップが立ち上がることが多いです。

ユーザーは、こういったポップアップに対して「許可する」「許可しない」の選択をすることになります。このときCookieの利用を許可しないことで不利益を被る可能性があることを覚えておきましょう。

例えば、Yahoo!の場合はCookieの利用を許可しないことでYahoo! IDへのログインができず、Yahoo!Japanのトップページでの各種設定もできなくなってしまいます。

Cookieの利用の許可・不許可については、ブラウザの設定で都度行うことも可能です。いかなるサイトでもCookieの利用を許可したくないユーザーは、この設定を行っている可能性が高いです。

Cookieはユーザーが自由に削除できる情報である

what_is_cookie_information

Cookieはブラウザに保存されています。Cookieを削除したいときは、ユーザー自身がブラウザの設定画面から削除します。

Webページに新しい情報が表示されない場合に「最新の画面が表示されない場合はブラウザのCookieを削除してください」などのアナウンスがあるのはこのためです。
ブラウザのCookieを削除することで保存されていたWebページの情報が削除され、新しい情報が読み込まれます。

Cookieの削除方法はブラウザによって異なります。また、スマートフォンで利用しているブラウザもCookieが保存されるため、携帯キャリア各社のホームページにはCookieを削除する方法についてのアナウンスが用意されています。

最新のマーケティング情報はプロに相談を

Web広告分野では欠かせないCookieですが、プライバシー保護の観点から規制が厳しくなってきています。
Cookieの代替や最新の規制情報などをキャッチアップしながらWebマーケティングを実施したい場合は、プロのコンサルティングを利用するといいでしょう。

NTTレゾナントでも広告運用コンサルティングを提供しています。広告運用コンサルティングでは、最新のWebマーケティング事情を考慮しながら中長期の広告運用に即したプラン設定を行い、分析・改善までしっかりサポートいたします。
無料相談も行っておりますので、広告運用やデジタルマーケティングにお困りの際はお気軽にご相談ください。

関連記事一覧