Google広告のコンバージョンの測定方法を紹介!各種Googleツールとの連携方法も

アクセス解析

Google広告のコンバージョン測定は、Google広告のコンバージョントラッキングを利用する方法とGoogleアナリティクス(UA・GA4)やGoogleタグマネージャーを連携させる方法があります。

どのツールと連携させるにしてもGoogle広告のコンバージョントラッキングを設定する必要がありますが、他のツールを連携させることでコンバージョントラッキングでは見えなかったことが見えてきます。

ここでは、連携させるツールそれぞれのメリットと設置方法について紹介します。

Google広告のコンバージョンを測定する方法

introducing_measurement_google_ads_cv

Google広告のコンバージョンを測定する方法は4つあります。

  • Google広告のコンバージョントラッキングを使う:タグを埋め込む
  • Googleアナリティクスを使ったコンバージョンを計測:Googleアナリティクスと連携させる
  • GA4でコンバージョンを計測する:GA4のデータをインポートする
  • GTMでコンバージョンを使う:GTMで作成したタグを埋め込む

最もシンプルな手段が、Google広告のコンバージョントラッキングだけを使う方法です。他の方法を使う場合もGoogle広告のコンバージョントラッキングと連携させる必要があるため、Google広告のコンバージョントラッキングのタグ埋め込みは必須の作業になります。

Google広告のコンバージョントラッキングとは

Google広告のコンバージョントラッキングとは、Cookieを利用し広告に対するアクション後のユーザーの行動を把握する無料ツールのことです。

計測できるコンバージョンは以下の5つになります。

  • Webサイト
  • 電話
  • アプリインストール・アプリ内アクション
  • オフラインコンバージョンのインポート
  • ローカルアクション

Google広告のコンバージョントラッキングの設定方法

introducing_measurement_google_ads_cv_tracking

どのツールと連携させるにしてもGoogle広告のコンバージョントラッキングは設定しなければなりません。Google広告のコンバージョントラッキングの設定は、計測専用のタグをWebページに埋め込むことで完了します。

つまり、Google広告のコンバージョントラッキングでタグを発行し、自社のWebページに設置し、コンバージョン完了ページにイベントスニペットを設置するのです。

イベントスニペットは、コンバージョンとして計測すべきアクションを追跡するためのタグです。これが設置されていないとコンバージョンが計測できません。

Google広告のコンバージョントラッキングを利用するメリット

Google広告のコンバージョントラッキングだけを利用するメリットは、Google広告自身が提供しているツールを利用するため、他のツールの連携設定なども不要で設定から計測までの流れがスムーズという点にあります。

他のツールと連携させる場合は、連携失敗に伴う計測ミスやタグ設置ミスなどが発生しやすいのです。

「Google広告のタグが無効になっています」の理由とは

コンバージョンの計測開始後に「Google広告のタグが無効になっています」という表示が出ることがあります。

これは、設置したタグが何らかの原因でサイトから外れてしまっているか、直近のコンバージョンがないことで発生している可能性が高いです。

タグに問題がなければコンバージョンが発生するまで待った方がいいでしょう。

Google広告とGoogleアナリティクス(UA)を連携させる方法

introducing_measurement_google_ads_cv_link_ua

Googleアナリティクス(UA)とGoogle広告のコンバージョントラッキングを連携させると、Googleアナリティクス上でコンバージョンを計測できます。

GoogleアナリティクスのUAとは、ユニバーサルアナリティクスの略称です。2023年7月1日に計測が停止されることが発表されていますが、ほとんどの機能を無償で使える優秀な計測ツールであったこともあり、多くの利用者を抱える計測ツールになります。

Googleアナリティクス(UA)との連携の流れは、Googleアナリティクスでコンバージョン計測を設定後、Google広告のコンバージョントラッキングを連携するというものです。

具体的には以下のような流れになります。

  • Googleアナリティクスでコンバージョンの設定をする
  • GoogleアナリティクスとGoogle広告のコンバージョントラッキングを連携
  • Googleアナリティクスで設定したコンバージョンをインポートするように設定

Google広告とGoogleアナリティクス(UA)を連携させるメリット

Google広告のコンバージョントラッキングとGoogleアナリティクスを連携させると、他の媒体や他の計測値と同じ基準でコンバージョンを評価できるようになります。

しかし、Googleアナリティクス自体が後述するGA4に移行しつつありますし、連携させるまでの手順も多く、Googleアナリティクスと連携させるのかGA4のみと連携させるのかは検討した方がいいでしょう、

Google広告とGA4を連携させる方法

introducing_measurement_google_ads_cv_limk_ga4

GA4とGoogle広告のコンバージョントラッキングを連携させる手順はGoogleアナリティクスと連携させる方法と同じです。

GA4とは、先ほど連携方法の説明をしたUAの次世代版計測ツールです。同じGoogleアナリティクスが提供しているツールで、UAでの計測が停止した後のメイン計測ツールになることが発表されています。

Google広告とGA4を連携させるメリット

GA4と連携させるとGA4で計測しているデータと同じ基準でコンバージョンを計測できるようになります。
ただし、GA4とGoogleアナリティクスでは、コンバージョンの基準とする指標に違いがあることは注意しておきましょう。Googleアナリティクスと比較した際に値に差が出る可能性があります。

GA4については、以下の記事でご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

Google広告のコンバージョン測定にGTMで作ったタグを利用する方法

introducing_measurement_google_ads_cv_use_gtm_tag

Google広告のコンバージョン計測は、GTM(グーグルタグマネージャー)でタグを発行して実施することもできます。Google広告アカウントでコンバージョン計測の設定を行った後に、GTMで設定するのです。

具体的な流れはこのようになります。

  • Google広告アカウントでコンバージョンを設定
  • コンバージョンIDなどをコピー
  • GTMでタグを追加・設定
  • コンバージョンの測定のトリガーを設定

Google広告のコンバージョンをGTMで測定するメリット

GTMのタグを利用してGoogle広告のコンバージョンを測定するメリットは、タグを一括管理できることにあります。

ただし、タグ関係の操作を面倒と感じる人も多く、他の計測ツールのタグがある場合は重複計測されてしまうなどのデメリットもあります。GTMでの計測は上級者向けとイメージしておくといいでしょう。

Google広告の効果測定はツール選定から

Google広告のコンバージョン測定は、先に計測ツールを選定してから実施した方がその後の分析がスムーズです。ツール選定を先にした方が、データの解釈や重複測定などのミスが発生しづらいためです。

すでに測定しており、ツールを変更する際は既存ツールが測定しているデータの定義と新ツールのデータの定義の違いや重複計測に注意しましょう。

コンバージョン計測にあたってのツール選定などに不安をお持ちでしたら、NTTレゾナントの広告運用コンサルティングをご検討ください。広告運用コンサルティングでは、中長期の広告運用に即したプラン設定を行い、分析・改善までしっかりサポートいたします。
無料相談も行っておりますので、広告運用やデジタルマーケティングにお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

関連記事一覧