Google広告のアトリビューションモデルとは?6つのモデルと分析について

アクセス解析

Google広告のアトリビューションモデルとは、広告の貢献度合いを評価するモデルのことです。ユーザーが広告を目にしてからコンバージョンに至るまで、どの広告がどう貢献したのかを評価します。

アトリビューションモデルを利用することで、ユーザーが広告を最初に見てから実際にコンバージョンするまでの経路全体にある広告の最適化に役立ちます。

ここでは、Google広告のアトリビューションモデルについて紹介します。

Google広告におけるアトリビューションとは何か

what_is_attribution_model

アトリビューションモデルとは、ユーザーが広告を初めて見たときからコンバージョンに至るまでの過程にある広告を、コンバージョンに対する貢献度合いに応じて評価するモデルのことです。

例えば、ユーザーがコンバージョンするまでに広告A、B、Cを閲覧し、最終的に広告Dでコンバージョンしたとき、一般的な考え方ではユーザーが最後に閲覧した広告Dが最もコンバージョンに貢献したとされます。
しかし、アトリビューションモデルでは、最も閲覧時間が長かった広告やファーストクリックになった広告Aなどの貢献度を評価するのです。

アトリビューションモデルを実施するメリット

attribution_model_merit

アトリビューションモデルは、ユーザーが広告を最初に見てから実際にコンバージョンするまでの経路全体で広告を最適化する場合に役立ちます。

複数のWebサイトを経由したコンバージョンの分析や、ラストクリックとなった広告以外の各広告の入札戦略の修正に役立てることができるのです。

複数のWebサイトを経由したコンバージョンの分析に役立つ

アトリビューションモデルは、コンバージョン経路の途中にいるユーザーへのアプローチ改善に役立ちます。

例えば、コンバージョンに至るまでの経路内でユーザーが検索したキーワードに偏りがある場合はその分析に活用できます。

各広告の入札戦略の修正に役立つ

コンバージョンに至るまでの過程のどの段階の広告の露出を増やすべきなのかという仮説を立てやすくなるため、入札戦略やクリエイティブの修正にも役立ちます。

Google広告での6つのアトリビューションモデル

attribution_model_6model

Google広告には、6つのアトリビューションモデルがあります。

  • ラストクリック
  • ファーストクリック
  • 線形
  • 減衰
  • 接点ベース
  • データドリブン

それぞれのアトリビューションモデルについて知り、組み合わせて分析できるようになりましょう。

ラストクリック

ラストクリックは、コンバージョン経路で最後にクリックされたものにだけ貢献度を与えるものです。

ファーストクリックと同じく最も一般的な手法と言っていいでしょう。

ファーストクリック

ファーストクリックは、コンバージョン経路の最初にクリックされたものにだけ貢献度を与えるものです。

線形

線形は、コンバージョン経路にある全ての広告に均等に貢献度を与えます。

減衰

減衰は、コンバージョンまでの期間が短いものほど大きな貢献度を与えます。

コンバージョンに至るまでに、A→B→C→Dと遷移したとしたら、貢献度は「A<B<C<D」の順に大きくなります。

接点ベース

接点ベースは、ユーザーが最初に見た広告と最後に見た広告に40%ずつ貢献度を与え、残りの20%をそれ以外の広告に与えます。

ファーストクリックとラストクリックを重視しつつも、全体にも気を配るイメージです。

データドリブン

データドリブンは、過去のコンバージョンデータに基づいて貢献度を割り当てます。これを利用するためには、相当数の過去のデータにコンバージョンデータがある必要があります。

目安として、過去30日間に3,000回以上の広告インタラクションと、300回以上のコンバージョンが必要とされています。

アトリビューションモデル比較で効果的な分析が可能

attribution_model_effective_analysis

Google広告のアトリビューションモデルは、2つのモデルを比較できます。異なるモデルを比較することで、どの段階の広告がどういった働きをしたのかを明らかにすることができるのです。

例えば、ラストクリックモデルとファーストクリックモデルを比較すると、コンバージョン経路の上流で貢献した広告が何なのかがわかります。線形モデルを比較対象に加えることで、コンバージョン経路の途中でユーザーに影響を与えた広告を絞り込むことができます。

さまざまな広告分析手法を活用して広告を改善する

アトリビューションモデルは、ユーザーがコンバージョンに至るまでの経路でコンバージョンに貢献した広告を明らかにするのに役立ちます。

貢献度の高い広告を知ることで、クリエイティブや入札価格をより効果的に調整でき、コンバージョンの増加につなげることも可能です。

アトリビューションモデルの活用や比較手法について疑問点などがある場合は、NTTレゾナントの広告運用コンサルティングにご相談ください。中長期の広告運用に即したプラン設定を行い、分析・改善までしっかりサポートいたします。
無料相談も行っておりますので、広告運用やデジタルマーケティングにお困りの際はお気軽にご相談ください。

関連記事一覧