【メディアのビジネスモデル】広告を活用した収益複線化

パブリッシャートレーディングデスク

資料で詳しく確認したい方はこちらへ

広告を活用した収入複線化とは

revenue_diversification

広告収入をビジネスモデルとしていないWEBサイトを運営されている企業が既存ビジネスにプラスして広告収入を得ることで、収入の複線化を図る施策です。ある程度のPVボリュームがあるWEBサイトであれば、既存ビジネスのコストを補う広告収入を得られたり、収入を倍増させることも可能となります。

なぜ広告で収入複線化なのか

昨今では、Amazon等のECサイトや食べログ等の店舗予約サイトといった純粋な広告モデルとは異なるWEBサイトにおいても、ECや店舗予約といったメインビジネスとは別に広告枠を設置して広告収入を得ることが主流となってきています。また、新型コロナの影響等により、既存のビジネスが減少するリスクを軽減するために広告によるマネタイズに新たに挑戦する企業も増えてきています。

特にWEB広告は導入の敷居が低く、広告配信事業者から広告を配信してもらう為のタグをWEBサイトに設置するだけで、自らが広告主に広告を売る営業活動をすることなく広告収入を得ることが出来ます。広告によるマネタイズのノウハウが無くても、広告運用を代行してくれるパブリッシャートレーディングデスク等の事業者に任せることで、導入まで一ヶ月ほどで導入が可能です。

新たに販売する商品を企画して、販売戦略を立て、販売体制を整えて新たな収入源を作るよりも遥かに短い準備期間で確実に収入複線化を実現することが出来ます。

WEB広告は基本的に、既存サービスのPV数に応じて収入が発生するため、自社サービスの利用ユーザーや、まだ課金するまでに至っていない見込客の訪問ユーザーが一定数いるWEBサイトでは非常に有効です。

既存サービスへの影響

既存サービスへの悪影響として危惧されるのが、広告導入によって既存ユーザーの減少が考えられることです。
なぜなら、これまで無かった広告枠が新設されることで、レイアウトが大きく変わったり、コンテンツの表示速度が遅くなったりして、既存のサービスが使いづらくなる可能性があるからです。
上記の悪影響を回避するには、既存のユーザーにとってこれまでのサービスの使い勝手を損なうことなく、広告を限りなくユーザーにとって不快でないような形で導入することが重要です。

これらを考慮して実施する場合は、既存ビジネスへの影響と広告収入の状況を両面で数値把握し分析してPDCAを回していくことも必要となります。

gooパブリッシャートレーディングデスクなら

弊社では自社で運用しているポータルサイトgooで得た知見を元に、既存のユーザー体験を損ねずに広告導入による収入複線化をさせていただいた事例もございます。
広告による収入複線化を検討している、または関心をお持ちの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

サービス紹介資料もございますので、是非ダウンロードいただければと思います。

筆者紹介 内野
gooやgoo以外の媒体のメディアマネタイズを担当。
デマンド、サプライ側の知見を活かした視点で収益化の支援を行います。

関連記事一覧