【メディアの広告審査】担当者必見!悪質広告を除外し、品質を維持するためには

パブリッシャートレーディングデスク

メディアの広告審査の現状

インターネット市場の成長と共に、多種多様なウェブ広告のクリエイティブが世に出てきており、ウェブ広告の件数自体が爆発的に増加しています。
以前はウェブ広告を出稿するクライアントは、一定以上の規模感であったり、ウェブ広告の知識が豊富であったりと、広告主が限られていましたが、今はその広告主の規模や国内外に関係なく、容易に広告が配信できる時代となりました。

メディア担当者は自社の運営するサイトにおいて、悪質広告などブランド毀損につながるような広告が出ていないか、日々目を光らせています。
純広告やアドネットワークの配信がメインであった頃は、配信対象となるクリエイティブを事前にチェックすることができ、ホワイトリスト運用をするメディアが多かったかと思いますが、プログラマティック広告がメインとなった今では、RTB(リアルタイムビディング)による取引のため、事前にクリエイティブを確認することができません。
ブラックリストやカテゴリブロックを駆使してメディアの品質向上に尽力していますが、ブロックしてもドメインを変えて同じようなクリエイティブが作られたり、いたちごっこの状況が続いています。

メディアの広告審査の必要性

media_side_ad_screening_necessity

悪質広告が自社のメディアに掲載されてしまうと、ブランド棄損によるユーザー離れが起きるだけでなく、薬機法等によりメディア自身の広告掲載責任も問われるリスクがあります。

<悪質広告の一例>

  • 法令違反の広告
    • 薬機法
    • 景表法
    • 著作権
    • 肖像権
    • 詐欺広告
  • 不快な広告
    • 患部や身体の一部を極端に強調した画像
    • 性的な表現
  • 不正広告
    • マルウェア広告
    • 強制リダイレクト広告

このような悪質広告の掲載を阻止する為には、メディア側で明確な広告掲載基準(ポリシー)を持ち、日々クリエイティブやランディングページの審査を行い品質を維持することが非常に重要となります。

広告表現や薬機法については、以下の記事でご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

メディアが対応する審査方法

media_side_ad_screening_method

それでは、メディアは実際にどのように審査を行っているのでしょうか。
いくつか代表的な審査方法をご紹介します。

1.ドメインブロック(ブラックリスト)

消費者庁等が公開するリストや、問い合わせ、関係者が発見した広告をドメイン単位でブロックする方法です。
ブロックリストの蓄積により効果が高まる為、リスト管理が重要となります。ただし、全配信事業者に対して同じブロックをかける必要があり、管理が煩雑になりやすいというデメリットがあります。

2.カテゴリブロック

あらかじめ悪質広告が多いカテゴリをブロックする方法です。
事業者によってカテゴリが異なるため、事業者ごとにカテゴリ精査が必要となります。カテゴリブロックは悪質広告を減らす有効な手段ですが、良質な広告も同時にブロックしてしまう為、収益性が低下してしまうというデメリットがあり、収益性との両立が難しい手法となります。

3.審査ツールを使った目視審査

Googleアドマネージャーの審査チェック機能「レビューセンター」等、各事業者が用意する審査ツールを使う方法です。
複数事業者を横断で審査するツールもあります。
広告バリエーションが1日数千~数万件に及ぶ為、全件審査するには専任者が最低2人は必要となり人的稼働がかかります。また、ブロックの判断がブレないよう審査基準を定め、基準通りに審査するノウハウが必要です。

4.自動ブロックツール

マルウェア広告や強制リダイレクト広告等あきらかにユーザーに害のある不正広告をリアルタイムでブロックできるツールを使う方法です。
不正広告はドメインブロックやカテゴリブロック、目視審査ではブロックできない広告も多い為、ブロックツールが威力を発揮しますが、ツール利用料としてコストがかかります。

一般的なメディアの広告審査基準

media_side_ad_screening_criteria

実際に目視で行う審査においては、メディアが明確かつ詳細な審査基準を持ち、ノウハウのある審査担当者が複数で行ってもブレなく審査できることが重要であるとお伝えしてきました。
詳細な審査基準は公開されていないケースがほとんどですが、ここでは一般的な審査基準をご紹介します。
審査基準はメディアによってそれぞれ異なりますので、ここではあくまで代表的なものとなります。

  • 公序良俗に反する表現
    • 犯罪行為を肯定し、誘発する恐れのある表現
    • ユーザーに不快感を与える可能性を含んだ、醜悪・残酷な表現
    • 露骨な性表現
  • 名誉棄損・誹謗中傷
    • 他者の名誉・プライバシーの侵害、誹謗中傷、営業妨害をする表現
  • 著作権・肖像権
    • 他者の商標権、著作権、肖像権など権利を侵害する表現
  • 薬機法
    • 医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器、特定保健用食品など、薬事法により規定された製品以外で効能・効果を謳った表現
  • 景品表示法
    • 商品・サービスの内容を偽る表現
    • 他の商品・サービスよりも著しく優れていると誤認させる表現
  • 風俗営業法
    • 風俗営業法に規定されるサービス
  • 特定商法取引法
    • 無限連鎖講・マルチ商法・内職商法(在宅ワーク)・モニター商法など、特定商取引法に抵触する内容
  • 偽造品
    • 偽造品を販売するサイト

メディアの広告審査における課題

このように、広告審査はメディアを運営するうえで必須といえる対応ではありますが、最適な対応を行うには、人的稼働とノウハウが必要になります。悪質広告が増加傾向となっている昨今、頭を抱えているメディア担当者も多いのではないでしょうか。最適な審査対応を実施することで、収益性も担保し、ブランド価値を高めていくことは、メディア担当者にとって大きな課題となっています。

gooパブリッシャートレーディングデスクなら

弊社では広告審査のプロフェッショナルが専任体制で目視審査およびブロック対応を行っています。
日本インタラクティブ広告協会、広告審査を実施する複数大手メディアとの協議会等に参加し、最新の業界内の審査課題把握、審査手法改善に取り組んでいます。
具体的な対応としては、主に下記の4点となります。

  • 目視審査
    複数の審査ツールを活用し、専任者による目視審査対応を行っております。
    • GeoEdge AdWatch
    • Googleレビューセンター等
  • ドメインブロック
    • ドメインリストを随時最新化し、悪質広告の掲載を未然に防止しております。こちらの対応を全配信事業者に対し、もれなく実施しております。
  • カテゴリブロック
    • あらかじめ悪質広告の多いカテゴリは、全配信事業者に対し停止しております。
    • カテゴリブロックを多用すると収益性が低下する為、目視審査とドメインブロックを優先し、最低限のカテゴリブロックを実施する形をとっております。
  • 自動ブロックツール
    • マルウェアや強制リダイレクト広告等は、自動ブロックツールでリアルタイムに対応しております。

広告審査業務は、gooパブリッシャートレーディングデスクの広告運用代行業務に含まれておりますが、広告運用代行をご利用されない場合でも、審査業務のみのご提供が可能です。
審査対応にお悩みのメディア担当者さまは、是非gooパブリッシャートレーディングデスクまでお問合せください!

サービス紹介資料もございますので、是非ダウンロードいただければと思います。

筆者紹介 WEBマーケティング本部 髙橋 佑果
デジタルマーケティングに従事し早4年、運用型広告のオペレーション・営業を経て現在はウェブマーケティングのチームに所属。
メディアマネタイズ・SEO・制作など、幅広く勉強中。

関連記事一覧