【2022年9月】Googleアドマネージャー最新アップデート情報

パブリッシャートレーディングデスク

メディアマネタイズで気になるGoogleアドマネージャーの最新アップデート情報をお届けします。

広告枠の管理(Google Ad Managerリリース)

オーディエンス エクスプローラとトラフィック エクスプローラ

Google アド マネージャー 360 で、オーディエンス エクスプローラとトラフィック エクスプローラの一般提供を開始しました。これらの新機能を使用すると、自社オーディエンスと広告枠のデータを詳細に把握して活用できます。

オーディエンスエクスプローラーに関してはこちらを参照
https://support.google.com/admanager/answer/10557665
トラフィックエクスプローラーに関してはこちらを参照
https://support.google.com/admanager/answer/12461287

高機能版GAMのGAM360だとオーディエンスデータをGAMに連携させることが出来ますが、そのセグメント毎のサイト内での閲覧ボリューム等が見れるようになりました。この機能によって自社オーディエンス データを詳細に把握し、データを活用することに役立てたり、さまざまなオーディエンス セグメントの構成を比較することが可能になりました。
また昨今注目されている固有ID(自社のGAMで紐づけられているAdID、IDFA、PPID)のボリュームに関しても確認することができます。

今回確認できるようになった機能は以下の通りです。

トラフィック予測

過去14日間のトラフィックを4週間のトラフィック予測と比較した表です。

上位の地域

該当オーディエンス セグメントのユーザーがサイトにアクセスしたときに記録された上位の地域。国のバーをクリックすると、都道府県や地域レベルのより詳細なデータが表示されます。

上位のデバイス

広告リクエストまたは固有のIDが最も多く配信されたデバイス。

上位のブラウザ

該当オーディエンス セグメントのユーザーがサイトにアクセスしたときに使用した上位のブラウザ。

上位のプラットフォーム

該当オーディエンス セグメントのユーザーがサイトにアクセスしたときに使用した上位のプラットフォーム(またはオペレーティング システム)。

上位の広告ユニット

広告リクエストまたは固有のIDが最も多く配信された上位の広告ユニット。

上位の広告申込情報

広告リクエストまたは固有のIDが最も多く配信された上位の広告申込情報。

時間帯

広告リクエストのみの場合
ユーザーがサイトにアクセスした時間帯。個々のブロックは1時間を表します。ブロックの色が濃くなるほど、その時間帯の広告リクエストの数が増えています。
ここに表示されるデータは、過去30日間のトラフィックのサンプルに基づく予測です。そのため、正確な数でない可能性があります。

上位の動画コンテンツ

広告リクエストまたは固有のIDが最も多く配信された動画コンテンツ。

上位のコンテンツ バンドル

広告リクエストまたは固有のIDが最も多く配信された動画コンテンツ バンドル。

レポートと最適化(Google Ad Managerリリース)

最適化案とテストを 1 か所で管理

最適化案とテストを [最適化] で管理できるようになりました。アド マネージャーにログインして [最適化] をクリックし、[最適化案] または [テスト] を選択すると表示できます。この更新により、すべての最適化案とテストを 1 つのタブですばやく確認できるようになります。
これまでと同様に、最適化案はサマリー ホーム ダッシュボードの [概要] カードの横にも表示されます。テストは [価格設定ルール] にも表示されます。

Google アドマネージャーのリリースノート

これまではタブが分かれていて行き来が必要であった最適化案とテストが1つのタブへ統合。

よりGoogleの最適化案の検証が行いやすくなりました。

サービスやヘルプセンターに関するその他の更新(Google Ad Managerリリース)

お支払い情報

アド マネージャーの [お支払い] セクションが更新され、使いやすさが向上し、お支払い情報の表示方法が AdSense と近くなりました。Ad Exchange を有効にしている場合、アド マネージャーのお支払い情報は [お支払い] 次に [お支払い情報] に表示されます(これまでは [請求項目] 次に [お支払い])。

Google アドマネージャーのリリースノート

「パブリッシャーから共有される暗号化されたシグナル」の名称を「セキュア シグナル」に変更

9 月 13 日のブログ投稿で、「パブリッシャーから共有される暗号化されたシグナル」の名称を「セキュア シグナル」に変更することをお知らせしました。暗号化されたシグナルのテストをすでに開始されている場合、この新しいサービス名で引き続きテストが行われます。特に対応は必要ありません。

Google アドマネージャーのリリースノート

Open Bidding パートナーのオンボーディング

アド マネージャー 360 で Open Bidding パートナーをオンボーディングするプロセスが変更されました。[配信] 次に [入札者(ビッダー)] 次に [Open Bidding] 次に [新しいビッダー] で Open Bidding パートナーを追加できるようになりました(これまでは [管理者] 次に [会社] 次に [新しい会社] 次に [広告ネットワーク])。

Google アドマネージャーのリリースノート

goo Publisher Trading Deskなら

gooパブリッシャートレーディングデスクは、長年培ったポータルサイトgooの運営ノウハウにより、サイトのユーザビリティと広告収益性の両立を得意とするパブリッシャートレーディングデスクです。自社サイト運営で培ったLazyLoadingをはじめとした表示速度改善のノウハウがあり、広告収益の向上実績もございます。また、配信される広告の品質管理も行うことで、メディアの価値を下げることなく、広告収益を最大化するお手伝いをさせていただきます。ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

筆者紹介 内野
gooやgoo以外の媒体のメディアマネタイズを担当。
デマンド、サプライ側の知見を活かした視点で収益化の支援を行います。

関連記事一覧