【SSP一覧】メディア担当者向けに特徴を紹介

パブリッシャートレーディングデスク

SSP(サプライ・サイド・プラットフォーム)とは

ウェブメディアの広告収益化において、重要な役割を担っているのがSSP(Supply Side Platform)です。RTB(Real Time Bidding)のSupply側、つまり媒体側に広告配信の仕組みを提供するプラットフォームとなります。もう一方でDemand側、つまり広告主側に広告配信の仕組みを提供するのがDSPです。

SSPの導入

元々は多数のDSPと接続されたSSPを媒体が導入することでRTBによる効率的な広告配信が可能になるものでしたが、現在はHeader Biddingという技術により、DSPとSSP間での入札が行われた後に瞬時に多数のSSP同士もリアルタイムで2段階目の入札を行うことで、より高単価で、豊富なバリエーションの広告を効率的に配信することが可能になっています。

SSPとのHeader Biddingでの接続

SPPイメージ図

日本国内で広告配信が行えるSSPは、国内、海外の事業者を含め非常に多く存在します。
Header Biddingではより多くの事業者と接続することでオークションプレッシャーが高まり、広告単価が高くなる為、全ての事業者と接続するのが理想ではありますが、各事業者との契約や、広告の表示速度等を考慮して最適化すること等も考えると、多くの時間と労力がかかる為、優先順位を決めて徐々に接続先を増やしていくことになります。

各SSPの違いと選び方

では、各SSPにはどのような違いがあるのでしょうか。
リターゲティングに強く高単価が特徴のSSP、案件のバリエーションが豊富なSSP、広告品質が良いSSP、グローバル規模のキャンペーンを行っている世界的大手企業のブランド広告が多い海外のSSP、広告のクリエイティブ(広告のデザイン)がリッチで動画や3Dだったり、バナーを直接操作して視点を動かすことが出来るインタラクティブ広告や、cookieを使わずにコンテンツにマッチした広告を配信してくれるSSP等、その特徴も様々です。

基本的には単価の高い案件が多い、独自の案件が多い事業者を優先して接続することでヘッダービディングの効果が高まる為、そのような事業者から優先して接続するのがオススメです。

最近では、Supply側だけを担当するSSPではなく、Demand側の仕組みを提供するDSPや、Demand側にもSupply側にも一貫してプラットフォームを提供するADNWも直接Header Biddingに参加するケースが増えてきている為、本記事ではDSP、ADNWを含めHeader Biddingに参加する事業者全てを広義のSSPと捉えてご紹介していきます。

SSP一覧(Header Bidding接続)

海外系SSP

SSP特徴
Google AdExchange(Adx)Google広告からの配信がメインで、世界最大の広告在庫量を誇る。Google AdsenseもGoogle広告から広告が配信されるが、Adxは他のDSPとも接続している為、RTBによりadsenseよりも高単価の広告が配信されるケースが多い。Google Ad Managerの利用が条件。Header BiddingはこのAdxと他のSSPを競争させる為にあるといっても過言ではない。
Criteoフランス発、ECサイトが広告主のリターゲティング広告に強みを持つADNW。ユーザーにマッチした複数の商品を表示するダイナミッククリエイティブも特徴で高単価の広告も多い。最近はコンテンツマッチによる配信も行っている。DSPであり、ADNWでもある。
OpenXグローバル展開の大手SSP。グローバル規模のブランド広告が多い。
Index Exchangeグローバル展開の大手SSP。グローバル規模のブランド広告が多い。
Pubmaticグローバル展開の大手SSP。グローバル規模のブランド広告が多い。
Xandrグローバル展開の大手SSPでありDSP。旧名AppNexus。グローバル規模のブランド広告が多い。2022年6月よりAT&T傘下からマイクロソフト傘下に。
Magniteグローバル展開の大手SSP。旧名Rubicon Project。グローバル規模のブランド広告が多い。Connected TV向けのSSPと合併。
Teadsフランス発の大手動画ADNW。グローバル規模のブランド広告が多い。
GumGum画像解析によるコンテンツマッチが特徴のADNW。動きのあるクリエイティブにも特徴。
Amazon A9AmazonのDSP。Amazonが提供するHeader Bidding WrapperのTAM、UAM(Bidderとの契約をAmazonが行うWrapper)からのみ配信が可能。Amazonのセール期間は高収益が期待できる。
boundlessグローバル展開のSSPでありDSP。旧名Oath、Verizon Media、AOL。グローバルでの社名はYahoo。
RTBhouseポーランド発、ECサイトが広告主のリターゲティング広告に強みを持つDSP。Criteoのようなビジネスモデル。
Media.netコンテンツマッチに強みを持つグローバル展開のSSP。
adagioフランス発、グローバル展開のSSP。

国内系SSP

SSP特徴
Yahoo!アドエクスチェンジYahoo広告からの配信がメイン。国内最大の広告在庫量を誇る。
FluctCARTA Holdings(サイバー・コミュニケーションズとVOYAGE GROUPが合併)グループのSSP。独自案件に強み。
AJAサイバーエージェントグループのSSP。DSPも提供し、独自案件に強み。
GMO SSPGMOグループのSSP。独自案件に強み。
Yield OneDACグループのSSP。独自案件に強み。
COMPASSマイクロアドのSSP。独自案件に強み。
LogicadSONYグループのDSP。独自案件に強み。

gooパブリッシャートレーディングデスクなら

本記事に掲載した事業者全てに接続するのはかなりの時間と労力を要します。goo パブリッシャートレーディングデスクでは、これらの事業者と接続されたHeader Biddingを迅速にご提供することが可能です。またHeader Biddingの接続事業者が多いほど、広告表示速度に影響が出ますが、速度を損なわない実装も得意としております。
これらの事業者の動向を知りたい、接続したいなどのご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

goo-Publisher-Trading-Desk-download

goo Publisher Trading Desk
サービス紹介資料

導入をご検討されているお客様へ、goo パブリッシャートレーディングデスクの強みや、パブリッシャー様の課題解決に向けて提供できる価値・対応可能業務・運用体制などをまとめております。

関連記事一覧