GoogleとYahoo!のディスプレイ広告におすすめの画像サイズまとめ

インターネット広告

ディスプレイ広告は、ビジュアル面でのアピールが得意なWeb広告です。ユーザーに効果的にアピールするためにも画像サイズについて押さえておきましょう。

近年は、スマートフォンやタブレットからWeb広告に接触するユーザーの方が多くなってきており、スマートフォンやタブレット、パソコンに対応するレスポンシブディスプレイ広告の導入が必須になっています。

ここでは、Google、Yahoo!のレスポンシブディスプレイ広告に対応する画像サイズや、ディスプレイ広告対応画像サイズについて紹介します。

Googleディスプレイ広告におすすめの画像サイズ

display_ad_recommended_image_size

Googleでは、ディスプレイ広告におすすめの画像サイズとして5つのサイズを推奨しています。

  • 300×250
  • 728×90
  • 160×600
  • 320×50
  • 300×600

※参考:「Google広告ヘルプ

上の5つは、ユーザーが閲覧しているデバイスに合わせて表示が変更されるレスポンシブ広告や、画像とキャッチコピーもしくはボタンで表示されるイメージ広告の両方で安心して使用できるサイズです。

Google関連の媒体で表示される広告だけでなく、Yahoo!関連の媒体に表示されるディスプレイ広告にも対応するサイズであるため、ディスプレイ広告のサイズで悩んでいるなら、この5パターンを作成しておくといいでしょう。

Googleが5つのサイズを推奨する理由

Googleが上で紹介した5つのサイズを推奨するのには理由があります。

上で紹介した5つのサイズで広告を作成することで、ほとんど全てのデバイスに対応することができます。2016年のGoogleの内部調査によると、Googleディスプレイネットワーク上の95%に対応できるというのです。

ビジュアルでのアピール性能が高い広告をほとんどのデバイスで表示できることは、広告出稿主にとって大きなメリットになります。

Googleのレスポンシブディスプレイ広告対応のサイズ

display_ad_recommended_image_size_responsive

Googleのディスプレイ広告に対応しているサイズは、上で紹介した以外にも多くあります。推奨するサイズ以外の広告サイズにも対応することで、広告効果をあげることも可能です。

Googleのレスポンシブディスプレイ広告作成のための画像とロゴのサイズ要件は以下のようになっています。

Googleレスポンシブディスプレイ広告の画像サイズ要件

画像に関しては、横長画像かスクエアかでサイズ要件が異なります。
ファイルサイズの上限は共通で、5,120KBです。

横長画像のサイズ要件

横長(1.91:1)1,200×628
最小画像サイズ600×314
ファイルサイズ上限5,120KB

スクエア画像のサイズ要件

スクエア1,200×1,200
最小画像サイズ300×300
ファイルサイズ上限5,120KB

 

Googleレスポンシブディスプレイ広告のロゴのサイズ要件

ロゴのサイズ要件も横長かスクエアかで変わります。
ファイルサイズの上限は画像と共通で、5,120KBです。

横長のロゴのサイズ要件

横長(4:1)1,200×300
最小ロゴサイズ512×128
ファイルサイズ上限5,120KB

スクエアのロゴのサイズ要件

スクエア1,200×1,200
最小ロゴサイズ128×128
ファイルサイズ上限5,120KB

スマートフォンやタブレット端末に表示される例

スマートフォンやタブレット端末に表示されるレスポンシブディスプレイ広告のサイズ感は、以下のようになります。

  • 300×250
  • 320×50
  • 320×100
  • 250×250
  • 200×200

パソコンに表示される例

パソコン表示の場合は以下のようなイメージです。

  • 300×250
  • 336×280
  • 970×90
  • 300×600
  • 260×600
  • 250×250
  • 200×200

Yahoo!ディスプレイ広告で使用できる画像サイズ

display_ad_recommended_image_size_yahoo

Yahoo!のディスプレイ広告で使用できる画像サイズについて紹介します。

Yahoo!のディスプレイ広告は、自社運用前提の運用型とYahoo!認定の広告代理店経由で運用する予約型がありますが、使用できる画像サイズは同じです。

スマートフォン

スマートフォンでのアスペクト比と最小ピクセルサイズはこのようになっています。
ファイルサイズは、最大3MBまでアップロード可能です。

アスペクト比最小ピクセルサイズ
1:1600×600
6:5300×250
32:5320×50
728:90728×90
39:5468×60
4:15160×600
16:5320×100
16:9640×360

タブレット端末

タブレットでのアスペクト比と最小ピクセルサイズはこのようになっています。
ファイルサイズは、最大3MBまでアップロード可能です。

アスペクト比最小ピクセルサイズ
1:1600×600
6:5300×250
39:5468×60
728:90728×90
4:15160×600
1:2300×600

パソコン

パソコンでのアスペクト比と最小ピクセルサイズはこのようになっています。
ファイルサイズは、最大3MBまでアップロード可能です。

アスペクト比最小ピクセルサイズ
1:1600×600
6:5300×250
39:5468×60
728:90728×90
4:15160×600
1:2300×600

Yahoo!のレスポンシブディスプレイ対応の広告サイズ

display_ad_recommended_image_size_yahoo_responsive

Yahoo!のレスポンシブディスプレイ広告のサイズ要件を紹介します。
Yahoo!もGoogleと同じく、横長形式とスクエア形式でサイズ要件が異なります。

1ファイルあたりの最大容量は共通で3MBとなっており、ファイルサイズが150KBを超えるファイルがアップロードされた場合は自動的に圧縮されます。

横長形式のサイズ要件

ピクセルサイズ300×300

スクエア形式のサイズ要件

アスペクト比1.91:1
最小ピクセルサイズ1200×628

Google/Yahoo!のディスプレイ広告のアップロード画像サイズ・ファイル形式について

display_ad_recommended_image_size_about_google_yahoo

GoogleとYahoo!のディスプレイ広告へアップロードする画像サイズと対応するファイル形式について紹介します。

 GoogleYahoo!
画像アップロードサイズ150KBまで3MBまで
ファイル形式GIF、JPG、PNGGIF、JPEG、PNG

Yahoo!の方がアップロードサイズが大きいように感じますが、Googleは150KBを超える画像はアップロード時に自動的に圧縮され、圧縮できない場合はエラーになってしまいます。

ディスプレイ広告については、以下の記事でもご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

スマートフォン表示の確認はYahoo!のシミュレーターが便利

display_ad_recommended_image_size_yahoo_simulator

スマートフォンでの表示確認は、Yahoo!が提供しているシミュレーターが便利です。
このシミュレーターに広告に使用予定の画像をアップロードすると指定したスマートフォンではどんな見え方になるのかがわかります。

見え方をシミュレーションできるスマートフォンは、iPhone6、Galaxy S7、BlackBerry Leapなど6種類です。手持ちのスマートフォンでもシミュレーションが可能なため、スマートフォンの高解像度ディスプレイでの実際の見え方もわかります。

関連サイト:Yahoo!広告 画像広告のスマートフォン表示シミュレーター

最適な広告サイズやクリエイティブを相談できる場所があります

ディスプレイ広告のサイズに関しては、基本的にはGoogleが推奨している5つを押さえておくといいでしょう。他のサイズは余裕ができたら対応できるようにしておきましょう。

レスポンシブ対応は必須です。スマートフォンやタブレットでのシミュレーションを忘れずに実施してください。

自社製品と相性がいいサイズやクリエイティブについて不安を持っているなら、広告運用コンサルティングへの相談をおすすめします。NTTレゾナントでは、広告運用コンサルティングを提供しており、中長期の広告運用に即したプラン設定を行い、分析・改善までしっかりサポートいたします。

バナー作成については、以下の記事でご紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

関連記事一覧